2011年4月6日水曜日

世界教会協議会総幹事 オラフ・フィクセ=トゥヴェイト牧師から励ましのお便り

今回の大震災に際して、世界の教会が祈りと支援に大きな力を注いでいます。そのことを覚えて、世界教会協議会(WCC)のオラフ・フィクセ=トゥヴェイト総幹事から手紙が寄せられていますので、紹介します。 (訳・岸本和世)

2011年3月23日、ジュネーブ
キリストにある姉妹たちと兄弟たちへ、
10日前の地震とそれに続く津波による惨害にみまわれた日本の方々が受けられた 痛みと苦難の報に接し続けている、わたしたちの心にあふれる驚きと悲しみは言葉になりません。
原発による災害が将来の世代の安全と健康に及ぼし続ける危険は深刻なものがあります。食料の放射能汚染の続報を受けるにつけ、わたしたちが生きている傷つき易く織りなすいのちが危機にあることの懸念と関心をさらに深くしております。
本当に、日本の方々の前に置かれているこの危機と難問は、わたしたち神の全創造世界において深く結び合わされている者としての人類すべてにとって脅威の一つです。

わたしたちが一つの惑星の共同住人であり、またひとりの神のかたちに創られているという、この相互のつながりは、わたしたちを主なるイエス・キリストの慰めをもって日本の人々の痛みと苦難を共にするようにと強く推し進めています。
このキリスト・ イエ スはヘブライ人への手紙4章14節から16節にある知識によって強くされたのです、すなわち:(聖句引用省略)わたしたちは、日本の方々が失われたいのちや暮らしの故におかれている悲嘆に思 いを合わせると共に、神の恵みと憐れみを求めつつ目を天に向けます。人々を救助するためにそのいのちを危険にさらしている方々に、神の恵みと守りがあるようにと祈りま す。特に、原発の崩壊を回避するために働いておられる方々への神の守りを祈ります。救援活動に当たっている方々や、消息不明のいのちを瓦礫の中に探し求め続けておられる方々に、わたしたちのお慰めの手を差し伸べます、キリストにあって。

世界教会協議会(WCC)は、震災直後から今回の日本の厳しい災害状況を追い続けています。わたしはWCC事務所での世界のさまざまな教会やエキュメニカルな関係機関、特に救援事業機関に関わる担当者たちの会議を招集しました。WCC参加の諸教会は日本の人々のために祈り、また日本における姉妹・兄弟を支えるための可能な限りの方途を活用 しようとしていることは、とても心強いです。わたしはこの時にあたり、世界中のキリスト者たちがあなた方を祈りと行動で支え続けるように奨めています。

あなた方が日本中の多くの窮乏のさ中にある人々を慰め支えようとしておられるので、あなた方の愛と犠牲と奉仕という福音のメッセージへの参与は、日本の人々への神の愛についての力強い証しであることを、わたしは確信しています。神のみ霊が、満ち溢れる恵みにおいてあなた方を力づけ支え続けて下さるように祈ります。

キリストにあって、
世界教会協議会総幹事 
オラフ・フィクセ=トゥヴェイト牧師

以下、原文

Geneva, 23 March 2011
Dear Sisters and Brothers in Christ,

Words cannot express the dismay and sorrow filling our hearts as we continue to see the pain and suffering of the Japanese people attempting to rebuild lives and restore communities that had been ravaged by the earthquake and ensuing tsunami ten days ago. As the danger of a nuclear catastrophe continues to loom the safety and health of future generations pose serious concerns. The more recent news of radioactive contamination in food has heightened the apprehension and concern as the fragile web of life in which we live is endangered. Indeed, the crisis and challenge before the people of Japan is one that threatens all of humankind as we are all deeply connected in the oikoumene of God’s creation.

This inter-connectedness of our being co-habitants of one planet and our being created in the image of the one God compels us to enter into the pain and suffering of the people of Japan with the sympathy of our Lord, Christ Jesus empowered in the knowledge that

… since we have a great high priest who has gone through the heavens, Jesus the Son of God, let us hold firmly to the faith we profess. For we do not have a high priest who is unable to sympathize with our weaknesses, but we have one who has been tempted in every way, just as we are – yet was without sin. Let us then approach the throne of grace with confidence, so that we may receive mercy and find grace to help us in our time of need.

(Hebrews 4:14-16)

While we share the grief of the people of Japan for the lives that have been lost, the loss of livelihoods, we turn our eyes toward heaven seeking God’s grace and mercy. We pray for God’s grace and divine protection for those who are risking their own lives in order to save others, especially those working at the nuclear reactors and trying to avert a nuclear meltdown. With Christ our hands reach out to comfort those who are engaged in rescue operations and wander through the debris in search for lives.

The World Council of Churches has been following the disastrous situation unfolding in Japan from the very beginning. I have convened a meeting of various colleagues in WCC headquarters who are in liaison with churches and ecumenical partners in different parts of the world, especially the emergency relief and humanitarian aid arm of the ecumenical family the ACT Alliance. It is heartening that several member churches of the WCC have been praying for the people of Japan and trying to mobilise resources to extend all possible supports to our sisters and brothers in Japan through the churches in Japan. I take this opportunity to encourage Christians around the world to continue to support you in prayer and action.

As you seek to comfort and help the many neighbours in need throughout Japan I have no doubt that your commitment to the gospel message of love, sacrifice and service will be a powerful witness to God’s love for the nation and people of Japan. May the Spirit of God continue to empower and sustain you with His abundant grace.

Yours in Christ,

Rev. Dr Olav Fykse Tveit
General secretary
World Council of Churches

0 件のコメント:

コメントを投稿