2011年4月27日水曜日

CWSと契約

4月19日(火)、NCCとChrurch World Service は大震災被災地支援活動を協力して行う契約を結びました。
Church World Service は、世界の飢餓や貧困の救済活動を行っている団体で、東日本大震災では日本のNGO、NPOと連携して支援活動を行っています。
CWSアジアパシフィック緊急支援部門は、契約後、新たに日本に常駐スタッフを置き、NCCとの緊密な連絡を取りながら業務を行っていくことになりました。

写真は契約書にサインする小美野剛(こみのたけし)CWSアジアパシフィック担当員(右)と輿石勇NCC議長。

0 件のコメント:

コメントを投稿